1ヵ月後の騰落率の振れ幅を基に,iDeCo (オリジナルプラン) 国内株式の内のリスクの低い銘柄を表示しています.

図中の黒いバーは,1ヵ月後の騰落率が95%の確率で収まる範囲を表しており,バーが長いほど高リスク銘柄であることを意味しています. 赤い丸は,過去24ヵ月分のデータに基づく1ヵ月あたりの平均騰落率を表しています.

予測にはGARCHモデルと指数平滑法を組み合わせたモデルを利用しており,台風の進路予測のように,膨大な数のシミュレーションを行い,騰落率の上限と下限を算出しています. 予測モデルの詳細と注意点についてはこちらを参照してください.

銘柄名 予測下限 予測上限 平均騰落率
野村-野村DC・JPX日経400ファンド -3.33 4.43 0.07
SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> -2.58 5.49 -0.73
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) -3.44 4.92 -0.02
SBI-SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> -3.73 4.75 0.04
レオス-ひふみ年金 -4.05 4.62 -0.56
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド -3.26 5.62 -0.35
スパークス-スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド (愛称:対話の力) -4.08 5.10 -0.11
ポートフォリア-みのりの投信(確定拠出年金専用) -4.74 4.60 -0.25
ニッセイ-DCニッセイ日経225インデックスファンドA -5.46 5.45 -0.37
フィデリティ-フィデリティ・日本成長株・ファンド -5.76 5.32 -0.18